本当に痛くない?いくらかかる?愛育病院(田町)で無痛分娩した私の体験談 ②

Key Question Shino 愛育 無痛分娩

2016年秋、田町の愛育病院にて無痛分娩をしたときのレポートのつづきです。

その① 前日の検診~病院到着まで はこちら。

 

LDRへ移動

【7:00】

お風呂から出て、着替えてLDRへ。初のNST検査(陣痛の間隔を図る検査)を開始します。

 

このとき、5〜7分くらいで陣痛がやってくるものの、痛みレベルを10で表すと「7」くらい。

まだまだ余裕で、家族や友達に写メを送ったりと楽しんでいました。

 

「もしかしてこのまま自然分娩でいけるんじゃない?そしたら、麻酔代浮くかも・・・!?」

 

なーんて思ったのもつかの間、痛みが強くなってきて悶絶~!!早く麻酔入れて~!と願うようになります。

 

このとき、同じくLDRにいた夫は、うとうとしたり、ゲームをしたり、チョコを食べたり。(ちょっとイラついた)

 

さらに陣痛が進むと

 

・手を握って励ます係

・飲み物を飲ませる係

・音楽をかける係

 

などなど、いろいろお世話してくれました。

 

【8:00】

この辺りから、かなり痛みが強くなってきました。痛みレベル9か10くらい!

早く9:00になってくれ~と祈るばかりです。

 

さらに辛かったのが、おならをしたいような強い衝動!(笑)

でも隣にいる夫が気になり、なんとか耐える・・・。無事、“女”を守り切りました(苦笑)

 

その間、助産師さんは、居たり居なかったり。

意外と放置される時間が長かったのは、驚きでした。立ち会いがなかったら一人放置です。

 

待ちに待った麻酔注入!

 

【9:00】

ついに麻酔科の先生が登場!すぐに麻酔を入れてもらいました。

背中をエビみたいに丸めて、まずは表面麻酔。そのあと、無痛の麻酔を打たれます。

 

麻酔の注射自体は、そんなに痛みはなく、「ひや~」とした、なんとも言えない感覚。

その後、麻酔が効いてくるまでに1回強い陣痛があったけれど、30分後には完全に麻酔が効いてきて、一気に天国へ!!!

 

さっきまでの痛みが、嘘のように消えていきました!!

 

ちなみに、愛育病院の無痛分娩は、「無痛分娩」という名前はついておらず、「麻酔分娩」と呼ばれています。いわゆる「和痛分娩」。

完全に痛みをなくすのではなく、レベル10ある痛みを2〜3に抑えて産むというのを目標に、麻酔と陣痛促進剤を交互に注入していきます。

 

なので、無痛の麻酔を入れたあとも、陣痛が来ている感覚はちゃんとわかるんです。

 

ときどき、痛みが強くなると、手元のボタンを自分でプッシュ!すると麻酔が追加で注入されるシステムでした。

 

【11:00】

このあたりで、やっと子宮口6~7cm。

「夕方か夜くらいに産まれてくれたらいいね〜」といわれて、まだまだ先か、と軽く絶望。

 

陣痛が来るたび、麻酔のボタンをカチャカチャ押しまくってたら、

「・・・それ、2回までしか追加できないようになってるのよ。」と助産師さん。

 

どうやら麻酔が効きすぎないように、コントロールされているみたい・・・。

 

そんな状態をみかねて、麻酔科の先生を呼んで麻酔を追加してくれました。すると、痛みは一気にゼロへ!!!

 

「夕方か夜に産まれたらいい」といわれていたけど、そこから一気に子宮口が開きはじめて、スピーディーな展開になりました。

 

いざ分娩へ!

 

【13:00】

子宮口が全開したということで、遂に分娩体制へ!寝ていたベッドが、ウィーンと形を変えて分娩台へ変化しました。

 

ここで、夫には退出してもらいます。(もともと、出産の生々しいシーンは見ないという約束だったので。)

 

そして、いざ分娩。

いきんでいる間、赤ちゃんが旋回して降りてくるのを感じました!これは、麻酔が効きすぎてないおかげかも。

 

どうしても、会陰切開したくなかったので、「裂けないように、裂けないように・・・」と調整しながら、いきんでいました(笑)

 

とはいえ、最後は裂けそうになったらしく、先生に「切るよ!」といわれて、会陰切開。麻酔のおかげで、痛みはありませんでした。

 

【14:30】

徐々に頭が出てきて、遂に出産!!!

 

「おぎゃー」と産声を上げて、可愛い女の子が誕生しました!

胎脂もついておらず、2か所くらいにちょっと血がついている程度どで、かなりキレイな状態☆

 

よく「デュルン」って感じで出てくると聞くけど、どっちかというと先生の手で取り出してもらった感じかな。

 

助産師さんからは「完璧なお産だね!!」と太鼓判を押していただきました。

 

すぐに助産師さんが、赤ちゃんの身体を拭いたり、体重や身長を図ったり、帽子をかぶせたり。

 

その間、会陰の縫合をされていたのだと思いますが、興奮と麻酔で全く痛みはなし。

かなり痛いと噂の「後陣痛」に至っては、まったく記憶がありません(笑)

 

放心状態の中ふと入り口の方をみると、すっかり存在を忘れていた夫が、扉3cmのすき間から覗いてる(笑)!!

 

「入ってきなよ」と促すと、ちょっとドキドキした様子で可愛い我が子と初対面していました。

 

副作用のこと

その後、キレイにしてもらった赤ちゃんを胸に抱いて、カンガルーケア。

めっちゃ可愛い~!!♡

 

と愛でるのもつかの間、急に吐き気に襲われました。さらに、発熱とガタガタ震えるほどの悪寒!

 

これらはすべて、よくある麻酔の副作用とのことです。体調が落ち着くまで、LDRで過ごして個室へ移動しました。

 

副作用は、夜中の2:00くらいには、ほぼ消滅!

その後は、自分でも驚くほどスピーディに母体も回復して、元気に赤ちゃんのお世話をすることができました。

 

産後の回復具合や授乳レポについては、また別途、記事にしますね。

 

無痛分娩にかかった費用

さて、気になる無痛分娩にかかった費用です。愛育病院の基本の分娩料は、68万円(だったと思います。)

 

さらに、無痛分娩の場合は、20万円または25万円がかかります。

これは事前に麻酔学級受けるか受けないかの違いで、受けた場合は20万、受けないと25万円かかります。私は受けたので20万円。

 

さらに個室を選んだ場合は、部屋のグレードによって、1泊2〜7万円かかります。5泊の入院だと、10〜35万円のプラス。

私は、2万5千円〜3万5千円の個室を選んだので、13万5千円のプラスでした。

 

それらを合計すると

基本分娩 68万円

無痛分娩 20万円

個室代 13万5千円

合計 101万5千円

 

ここからさらに、国からの補助金42万円と、出産前払い金20万円(分娩予約をした時に先にデポジットのような形で払っておきます)を差し引いて、

実際の会計時に払ったのは、約40万円

 

無痛分娩は、もっと費用が高いところがあるし、結果的に超・安産だったので、「安くあがった~!」と思ってます。

 

無痛分娩、私は断然おススメです!

というわけで、無痛分娩を終えて感じた総括!

 

無痛分娩にして、本当によかった!!!

 

痛みに弱い私の恐怖を取り除いてくれて、結果的に超・安産!副作用もそれほどでもなく、産後の回復は自分でも驚くほどスピーディでした。

現在2歳になる娘も、元気にすくすく育っています。

 

日本ではまだまだ賛否両論ある無痛分娩。

もちろん、通常分娩よりも費用はかかるし、完全に無痛ってわけじゃない。でも、私のような成功例もあります。

 

お産は、一生に何度もあるわけではない、貴重な経験です。そして、何が起こるかわからないのも、お産。

みなさんも、自分が納得&安心できるスタイルで、幸せなお産ができますように!

Podcastに出演したい?

私こそ!あのひとこそ!と思う素敵な女性は?