着物のおしゃれリメイクでビジネスチャンスをゲットした女性

Featured Video Play Icon

グローバル化やAIの進化だけではなく、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、ビジネスが今後どう変化していくのか予測が難しい時代です。今までの当たり前と思っていた常識や価値観ではもちろんビジネスが成り立たず、新しい常識や新しい働き方、新しい価値観を見出すことが重要とされています。
とは言っても、新しい視点を持つことは簡単なことではありません。今回Key Questionでは着物をビジネスにしているお二人をゲストにお招きして、どうしたら新しい視点を持てるのかインタビューしました。

今回のトークゲスト

Wabinal代表取締役 野登愛子さん(https://www.wabinal.com/

帯の美しさや日本の伝統美を現代と世界へ拡げたいと2018年にWabinalを創設。着用されることが少なくなった帯を再利用し、現代のファッションや海外のファッションにも合うようなスタイリッシュなデザインでバッグ、小物の製造を行い、国内・ヨーロッパ・中東にて展開。

 

Vivat Veritas デザイナー Chieさん(http://www.vivatveritas.com/jp

ラテン語で「真実を生きる」という意味のVivat Veritas(ビバ ベリタス)。そんなライフスタイルを過ごしてほしいという想いから、オーダーメイドのBOHOウェディングドレスをはじめとし、普段でも着られるような着物のリメイクドレスもオーダーメイドで制作。

広い視野でチャンスをつかむ

目の前のことに一生懸命になりすぎて、視野が狭くなってしまうことってありませんか?「視野が広い」とは、自分の目に見えている範囲が広いこと。これまでの経験や知識を生かして、物事を色々な角度から考え、状況に応じて対応できることを意味します。起業やフリーランスに限らず、仕事をする上で視野や興味関心の広さは、ビジネスチャンスをつかむために非常に重要な要素の1つです。

 

視野が広いことのメリット

・発想力・創造力が高まる

広い視野を持つことで新しいやり方を見つけたり、他人のアドバイスを受け入れられ、これまで思いつかなかった発想が生まれることがあります。視野が広い人は日常生活の中で常に新しい情報を取り入れ、様々な知識や異なった思考に触れているため、多大なインスピレーションから自然と創造力も高くなっています。ゲストお二人が着物をおしゃれにリメイクしたビジネスに辿り着いたのも、ご主人や友人、起業家など他人のアドバイスがきっかけでした。

・どんな環境でもポジティブに動ける

視野が狭いと古い価値観に縛られがちです。そのため、新たな価値観を求め積極的にチャレンジすることもなく、平凡な環境から変わることが出来ないのです。広い視野を持つことで、積極的に新しい事へ取り組む意欲が生まれ、それによって新たな価値観が見出せるのです。ゲストお二人のビジネスに共通する着物は、平安時代から伝わる日本の伝統衣装。古い価値観に縛られず新しい価値観で着物を捉えたお二人は、日本独自の着物文化をおしゃれなドレスやバッグへとリメイクし、さらには海外という新しい環境にもポジティブに動き出せたのです。

・人からの信頼が得られる

仕事では多くの人と意見を交わしながら、交渉や提案などしていかなければなりません。視野が広いと一つのことに固執せず、物事を様々な視点から捉えることが出来るため、その柔軟性が周囲の人から好かれ、結果として多くの人から信頼を得ることが出来るのです。特にオーダーメイドでドレスや着物リメイクを行うVivat Veritas(ビバ ベリタス)のChieさんは、今までに多くのお客様と意見を交わしながらドレスを仕上げてきました。思いこみや一方的な価値観でとりかからず、物事を色んな側面から捉え的確なアドバイスが出来るからこそ、お客様が求める品に仕上がり信頼が得られるのです。

視野を広げる方法

・素直に受け止める

素直になって物事を受け止めてみると、自分が固執している思考や信じ込んでいる価値観などがわかります。素直に他の意見を取り入れて総合的に判断すると、今までとは全く別の考え方や方法が見つかるかもしれません。

・知識を増やす

今はインターネットで簡単に様々な情報が得られる時代。しかし、インターネットで得た情報ばかりに身を置いていると、流行りの価値観や考え方に惑わされてしまいます。時には読書をしたり、またはある場所に行ってみたり、人に会って話を聞いてみるのもいいでしょう。自分が実際に経験して得た情報はインターネットや読書などで得られる二次情報よりもより価値のある情報や洞察が得られるのです。

・新しいことに取り組む

同じ環境にずっと留まっていると、視野を広げるのにも限界があります。今まで身を置いたことのない環境に飛び込んでみたり、交流したことのない年齢層の人と話してみたり、環境を自ら変えることが大切です。

効率よく視野を広げる裏技

女性やママは家事や育児に・・・とにかく時間のやりくりが大変で新しいことを学びたくても、本を読んだり、動画をみたりするまとまった時間がない方って多いですよね。今回ご紹介する効率よく視野を広げるオススメの方法は「聴く」ということ。通勤中も洗濯物を畳んでる時も、寝かしつけてる時も…とにかく手を使わずにできる情報消化術が「聴く」です。

Amazon Audible(クリック)

オーディブル audible
Amazonが出している聴く読書「Audible(オーディブル)」というサービスをご存知ですか?自分の読みたい本をナレーターが呼んでくれるサービス。しかも音読スピードが調整できるので忙しい女性にピッタリのサービスです。
KeyQuestionのホストである私Shinoは、これを発見してから隙間時間を使って一日一冊ペースで聴いています。無料体験できるので、ぜひこの機会に体験し新たな知識を取り入れてみてはいかがでしょう。

 

自分軸でチャンスを物にする

広い視野を持つことはビジネスにおいてとても重要です。だからと言って、他の意見や価値観を受け入れすぎてはビジネスは成り立ちません。広い視野で柔軟性を持った上で、自分軸が合っているのか見極めることも重要です。

ブレない自分軸の作り方

今回ゲストお二人には、ブレない自分軸の作り方を教えていただきました。

・自分との対話

人と会話をしたり、相手のアドバイスを受け入れる際には、相手の期待に裏切らないようにと無理をしている時はありませんか?Wabinalの能登さんは、時には自分自身との対話を大切にしなさいと言います。相手の意見を取り入れすぎてしまうと、やりたくない事もやらざるを得ない状況に陥り、仕事に対してストレスを感じてしまいます。「これだけは絶対にやりたくない」という事も考えてみるとブレない自分軸が見つかります。

・弱みをさらけ出す

仕事をする上で、他人に自分の弱みをさらけ出すことは怖いことですよね。しかし、自分の弱みをさらけ出すことで、自己開示され強い自分になれると言われます。また、自分自身だけでなく相手からもどんな軸を持った人なのか明確になり、より信頼関係が深まるのです。

・ノートや日記に書き出す

自分との対話で大切なのが、書き出す事です。ゲストお二人も常に日記やノートに書くようにしているんだそう。広い視野で様々な業種、様々な年齢層の方から莫大な量の情報をインプット出来るようになったら、次に自分自身を書き出し可視化してみましょう。そうする事で今まで気づかなかった本当の自分軸に気づけると言います。

まとめ

いかかでしたか?ゲストお二人のように古き良き着物文化を新たな物へと変換させるには、新たな視点・価値観を持つ事が重要です。しかし、それ以上に自分軸をしっかりを持つ事が、ビジネスにおいて新たな視点や価値観を充分に活かすことが出来る重要な技なのです。

▼LINE▼
★特典: 番組のフルバージョン(約1時間)の視聴

▼Instagram▼
http://bit.ly/kq-insta

▼YouTube▼
https://bit.ly/youtube-kq

出演者リクエストフォーム

自薦・他薦どちらも大歓迎です🗝